まだ日本では一般的じゃないパイパンについてメリット、デメリットについて真剣に考えてみました。

外国では一般的なパイパン

日本ではまだ珍しいパイパン

外国では一般的なのですが、最近日本でも男女共に
パイパンにしている人が増えてきています。
しかし未だに抵抗がある人も少なくない事も事実です。
そんなパイパンですが実際にしてみたメリットやデメリットは
どんなものがあるのでしょうか。
具体的に解説していこうと思います。
まずパイパンにすることのメリットとして
清潔になるという点が挙げられます。
夏場になると股間部分がムレてしまう事があると思います。
ムレることによって雑菌が繁殖してしまい病気や感染症の原因に
なる場合もあります。また、女性の場合だと毎月生理がくるので
毛が生えたままの状態だと血が付いたままの状態になり不衛生ですね。
そして残った血液が原因となり雑菌が繁殖する事で
悪臭の原因にもなってしまいます。
普段はニオイに気付かなくても、いざセックスするとなったら
相手のニオイは気になりますよね。我慢出来ないくらいのニオイならば
興奮も冷めてしまう事でしょう。
陰毛の処理はセックスをする際のエチケットといえるかもしれません。
さらにパイパンにする事で性病の一つである
ケジラミ症にかからなくなるというメリットがあります。
これに感染してしまうと凄まじいかゆみを伴うもので
感染者とセックスをする事で相手に移してしまいます。
少しでも性病のリスクを押さえたい人はパイパンにする事を
お勧めします。またパイパンにする事で相手の愛撫を直接
感じられるといったメリットもあります。
邪魔をする毛がないのでより感度が上がり
相手もピンポイントに攻める事が可能になります。

パイパンは人に見せるのが恥ずかしい?

色々なメリットがあるパイパンですが
中にはデメリットを感じてしまう事もあります。
まず自分の意志でパイパンしているのに性病にかかった事を
疑われる可能性があります。
日本ではまだパイパンにすることが一般的ではないので
パイパンにしなければならない理由があったのかと疑われてしまいます。
女性でパイパンにしていれば不特定多数の男性と
セックスしているのではないかと
疑われることになるかもしれません。
また、女性の場合は彼氏の趣味なのかな?と
無駄な関心を持たれてしまうので注意が必要です。
また、温泉やプールなどの公共施設で周りの目が気になる可能性があります。
まだ一般的でないパイパンであれば仕方ないかもしれませんが
周りの人から怪しい目で見られてしまうかもしれません。
また施設によっては出入り禁止になってしまう場合もあります。
色々なメリットやデメリットがありますが、
衛生面を考えればメリットの方が大きい様に思います。
もし興味がある人は一度パイパンを試してみるのも良いかもしれませんね。