ソープ嬢に中出しした話

結婚して7年が経ち、子供も2人いて幸せな日々を過ごしています。
しかし、子供ができると問題になるのが夫婦の関係です。
夫婦生活に不満はないが、人間というもの刺激は欲しいです。
ですが子供たちがいては、そんな事も出来ません。
そんな私は毎月給料から少しだけお金を抜き
ヘソクリを貯めていました。
ある程度お金も貯まり
時間の余裕もありましたのでソープに行くことにしました。

ソープに着くと…

ソープにする着くと男性スタッフから
「ご指名はございますか?」と質問されるが
「いません」と返事。
「では今の時間ですと案内できるのはこの二人の女性です」と二人の写真を見せられた。
一人はぽっちゃりで巨乳な24、
もう一人がスレンダーで貧乳美気味の30歳。
しかし24歳の方は入店してまだ2週間程度という事を聞き
24歳のスミレさんにしました。
そうして部屋に案内され、ベッドの上に腰を掛けると
「ご来店ありがとうございます。スミレです。」
写真とほど同じような体験で顔も綺麗な女性でした。
しかし指には指輪をはめていたので
「結婚してるんですね!」
「そうたまには違った刺激もいいかなって…」
と適当に話をしている時に時間の関係もあるのでお風呂に入り
体を綺麗に洗いました。
その中で助で椅子に座らされて
ローションをたっぷり使われたっぷりご奉仕される。
「気持ち良いよ…スミレさん…」
「そうですか、ありがとうございます。」
それからじっくり手コキで刺激され乳首を舐められながら
亀頭を刺激され、お互い興奮したのか
スミレさんもヌレヌレで良い雰囲気になっていました。
すると「このまま入れていい?」と言いだすスレミさん。
「今日は生でしたい気分なの…どう?」
「最高に気持ち良いよ…」
スレミさんはぽっちゃりとした体を揺らしまくって騎乗位でガンガン責めてきます。
「根元までガンガン突いて!」
「こう?」
「最高!」
「こんなチンコで突かれるの初めて…」
そんな会話をしていると「ヤバい、俺イキそう…」
「いっていいよ…いっぱい中に出して!!!」
そんな言葉に完全に狂ってしまったのか
中にドクドクと中出ししてしまった。
膣から溢れてくる精子に
「AVみたいだね。」と言葉を残し
残りの時間もセックスを行い合計で三回も中出しをしてしまった。